昭和元禄落語心中 【書評 | 感想 】

0

落語ネタのマンガです。マンガとか文字で落語を読んでもオモシロイのだろうかという疑問があったのですが、意外にもかなり面白かったです。笑いながら落語ネタにも少し詳しくなると思います。

第一巻で出てきたネタは、「死神」と「応挙の幽霊(おうきょのゆうれい)」と 「出来心」など。落語はライブのトークですのでYoutubeなどで検索してのぞいてみるのが早いと思います。

死神 三遊亭圓生

応挙の幽霊 入船亭扇橋

出来心 柳家小さん

昔の名人の落語が、思い立ったらすぐ聞けるというのは有難い世の中です。

小さんは学生の時に図書館で大量に借りて聞いた記憶がありますが、久しぶりにきくとやっぱり面白いです。

 

寄席に行ってみる?

興味を持ったら東京圏の人はぶらりと寄席へどうぞ。基本は予約ではなく当日ぶらりといくものだそうです。

【落語】都内の一度は行ってみたい寄席まとめ【お笑い】 http://matome.naver.jp/odai/2136729350929035801

落語協会ホームページ   http://rakugo-kyokai.jp/

Notice

最小の力で最大の成果を、和のセンスでインスピレーションを磨く無料メール講座はこちら

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。