解くだけで人生が変わる! 修造ドリル 【書評 | 感想】

0

松岡修造は、暑苦しいキャラクターがTVでも人気のテニス指導者・タレントです。この本には、独自の暑苦しい世界観が楽しく表現されています。あのキャラが大好きなファン向けの本ですが、自分のキャラクターをもっと上手に表現したい人にも、参考になると思います。

ひとつ「自分と同じだ!」と思った発想があるので紹介すると、「ビュッフェ料理」は懐石料理にして楽しもう」というものです。

ホテルのビュッフェ料理(バイキング)というと、ついつい「食べ放題」だから「ドカ盛り」にしてしまえとなるのですが、実は一品料理として食べても十分美味しいものが並んでいる。だから、一品づつ楽しんで食べようといった話です。

ビュッフェ形式の料理は私も好きでたまに行くのですが、あれは「盛りつけを遊ぶ楽しみ」もあると思っています。

せっかくなので、ビュッフェの楽しい写真を、別で運営している早朝参拝&ホテル朝食会サイトからいくつか引用しておきます。

ホテルオークラ ガーデンキッチンカルメラ 
オークラ

パレスホテル
パレスホテル

スイスホテル南海大阪
スイスホテル

などなど。盛り付けは、遊び始めると、けっこう楽しいです。

この種の「○○が語るおすすめの習慣」みたいなものは、「それ、違う!」みたいなのもあると思います。そういうものは、とりあえず読み物として楽しむだけにしておいて、「これは、いいな!」と思うものから実際に試してみればよいと思います。

Notice

最小の力で最大の成果を、和のセンスでインスピレーションを磨く無料メール講座はこちら

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。