ウラジオストック(ロシア)という言葉の意味は

0

ウラジオストックの意味は東方の支配です。アメリカの西部開拓は「西へ西へ」とアメリカ大陸を征服していき、ハワイ・フィリピンへといたったわけですが、ロシア帝国の場合はモスクワあたりから「東へ、東へ」とユーラシア大陸を征服していったわけです。そして、ウラジオストックまで到達したところで、次なる目標は日本になっていたと思われ、日露戦争へとつながっていきます。

ところで、ロシア帝国は東ローマ帝国の後継者をもって自認していました。それがうかがえる地名の付け方がこちら。ウラジオストックの湾に金角湾という、かつての東ローマ帝国の首都コンスタンティノポリスの地名をもってきています。

WIKIから画像を引っ張って並べてみましたが、こう見ると確かに雰囲気的に似ている気がします。ウラジオストックの真ん中の△っぽい湾になっている部分と、コンスタンティノポリスの右側のところ。

ウラジオストック_こんたんて

ローマの後継者を自認していたロシアならではの地名のつけかたです。

こういう風に、理想とする世界からネーミングを引っ張ってくるという発想も面白いと思います。歴史と接続した発想で。

日本だと地方に○○銀座という地名があることがあります。これは東京の銀座にあやかってつけて命名しているわけですが、ロシアの場合は古代のローマ帝国にあやかっていたわけです。

Notice

最小の力で最大の成果を、和のセンスでインスピレーションを磨く無料メール講座はこちら

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。