柳は緑 花は紅

0

柳は緑 花は紅 (やなぎはみどり。はなはくれない)

これは禅で使われる表現の一つで、春の自然風景をそのままうたったものです。

柳は緑色。花は紅色。

緑色の柳はピンク色の花になりたいとは思わないし、ピンク色の花も緑色の柳になりたいとは思わない。別にどちらがえらいということはない、あるがままでよい、というのがよくある解釈です。

人間の本物の個性は無理に出そうとしなくても自然にでてきます。自然に内側からでてくるものを止めないことはとても大切です。(多くの人は、自分の内側からやってくる声を無視してしまっています)

ただ、無理やりに理想の自分になろうとする必要はありません。個性というのは出そうとしなくても嫌でもあふれ出てくるものなのです。むしろ「普通にふるまっている」なかで出てくる個性のほうがユニークです。あなたの「ふつう」はそのままで既に誰かの「すごい」なのです。


※みんなが違う存在だから、ビジネスや恋愛というものが成り立つわけです。美女と野獣はお互いに自分にないものを持っているから惹かれあうわけで。

Notice

最小の力で最大の成果を、和のセンスでインスピレーションを磨く無料メール講座はこちら

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。