トランプ大統領誕生で加速すること 

0

アメリカではトランプ氏が大統領になりました。イギリスのEU離脱などもそうですが、世界的に見て「グローバルな統一性よりも、地域の独自性が大事!」という声なき声が、どんどん大きくなっているということです。グローバルよりローカルの時代になる流れがこれからは加速していくことでしょう。

メディアの影響力は万能ではない

トランプ対クリントンの2016年の大統領選、アメリカのメディアはクリントン支持一色でしたので、日本のメディアは結果を見て「まさかの!」と騒いでいました。ただ、あれだけマスメディアがトランプ不支持でも結果はトランプ勝利でしたので、マスメディアの支配力が確実に落ちてきているいい事例だと思います。

急速なグローバル化のデメリット

そして、ローカルがグローバルより大事になるということですが、なんでもかんでも急なグローバル化が進むと、一般市民にとってはデメリットも多いですからです。

たとえば、異文化圏の移民が急に増えすぎて、違う生活スタイルの近隣住民が増えすぎていろいろメンドクサイとか。母国語と英語と両方できて当然、みたいな見えないプレッシャーにさらされてメンドクサイとか。いつの間にか、地域だけじゃなくて全世界がライバルになってて仕事の単価が下がりすぎてメンドクサイとか。

グローバル化が急速に進みすぎると、「数カ国語話せて当然でしょう。世界中のどこにいってもビジネスできますよ」的なエリート層以外にとっては、実はデメリットも多いです。

誰も望まないこと

また、移民に関しては無軌道に認めてしまうと、移民を自国民化する政策が追いつかず、 「移民に国を乗っ取られる」リスクもあります。例えばですが、もしアメリカでイスラム系移民のコミュニティが1億人くらいに拡大してしまったら、アメリカはキリスト教の国ではなくイスラム教の国になってしまい、英語の国ではなくアラビア語の国になってしまいます。そういう変化は、恐らくどの国も望まないでしょう。

なので、今後しばらくは「グローバルよりローカル」という流れがある意味で事実上の標準(de facto standard)になっていく可能性があります。

ローカル重視のメリット

このローカル(地域)重視という流れは、大多数の日本人にとっては、たぶん歓迎すべき事態ではないでしょうか。日本は、世界の先進国の中で、唯一「異質なタイプの文明」ですので。欧米諸国と異なり、国民の多数が非キリスト教徒で、白人の国ではないという点で。日本の場合、「日本は日本ルールで」を賢く守っていかないと、色々ときついと思います。

拡大期と縮小期

歴史的にみると、アメリカの場合、「モンロー主義」みたいな「俺たちは、アメリカ大陸だけが勢力圏なんだ。」という内向きになる政策を採用する時期と、「世界にアメリカ型民主主義を(ドルと銃剣で)輸出することが、アメリカの神聖な使命なのだ」的な世界帝国な政策を採用する時期とがあります。

拡大期と縮小期があるということなのですが、超大国アメリカはわかりやすく「拡大政策をやめる時期」に入ったのだということが言えます。

もちろんトランプ氏の発言を見ると「日本も韓国も、もっと自力防衛しろよ。米軍にただ乗りするのはフェアじゃないだろう」的な、東アジアでの米軍の存在感を下げる発言をする一方で、「チャイナの無法は許さないぜ」的な、東アジアでの米軍の存在感を上げる発言もあったりです。なので、選挙中の発言がどれだけ実際の政策に反映されるのかは未知数です。

が、大きく見て 「グローバルよりローカル重視。アメリカという地元の国益を最優先」とすることは間違いないでしょう。

まとめ

トランプ氏自身は、アメリカ国外にも不動産を所有するグローバルなビジネスを展開するビジネスマンでもあります。例えばトランプタワーは、アメリカだけでなくイスタンブール(イスラム圏)にもあります。なので、グローバル経済そのものを否定する非現実的な政策をとることはないでしょう。

ただ、全体としては「100年後は地球連邦統一政府を」的な流れではなく「ローカルの独自性を重視しよう」という流れになっているのは間違いないということです。世界中のどこに旅行にいってもマクドナルドしか食べられない世界は誰も幸せにしません。それぞれの土地の独自の世界があるから国際交流は面白さがあるのです。

個人レベルで考えても、今更「GoogleもAmazonもAppleもなし、ユニクロのmade in chinaな洋服もなし」などと言われて無条件で賛成する人はおそらくほとんどいないでしょう。その意味でグローバル経済が社会的に否定されることはありません。今更、原始時代の生活に戻れと言われても原始時代マニア以外には無理というのと似たような話です。

ただし、「国際ルールにあわせよう」的な学校の校則を守ろう的な従順さよりも、「俺ルール・私ルール」で動く自立性や独自性というものが、個人レベルでもより強く求められてくると思います。

Notice

最小の力で最大の成果を、和のセンスでインスピレーションを磨く無料メール講座はこちら

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。