-自分を知るための宗教学クラス- 

yamato556-top13

今回のテーマは宗教学です。これがなぜ「自分を知る」につながるのか、ということで、葬式の種類についての話をしておきましょう。実は、世界の葬式のやり方には「死後の世界への考え方」という大きな前提が隠されています。

火葬でも土葬でもいける?

インド人(ヒンズー教)のように輪廻転生といって魂は死体を離れて、違う世界へ転生する、
もしかしたら同じ人間界にまたやってくるかも。という世界観だと、

「死体は、持ち主のいなくなった車みたいなもの」

となります。この場合だと、埋葬の方式は土葬でも火葬でも鳥葬でも何をやっても、理論的には問題はおきません。

現代のインドでは、火葬後に骨をガンジス川に流すようです。そして、お墓というものは基本的にありません。(王族とかバラモンとかはちょっと別)

日本人でも輪廻転生を真面目に信じてる人なら、このインド方式の葬式に特に違和感は感じないはずです。

「死体は焼いて川に捨てる。墓はなし。」

こう聞いて違和感満載だった人は、印度的な「輪廻転生」という世界観とは、自分は少し違う世界観を
持っているのだ、ということになります。(どっちが良い悪いというのはないですよ。念のため)

火葬に否定的になるケース

ところで、キリスト教やイスラム教のように

「死後、(最後の審判の時に)墓から復活する」

という設定がある死生観の場合、理論的に考えると「火葬はありえない」という判断になります。

同じ肉体で復活することになるので、死後の肉体を保存しておく必要性があるからです。なのでキリスト教やイスラム教は「最後の審判」の話があるので、土葬が基本になります。

真面目に信仰に生きていたムスリム(イスラム教徒)を火葬にするのは、理論的には虐待や刑罰になる恐れがあります。現代の日本人は「火葬が常識」と思っている人が多いですが、この辺は宗教によりけりなので、意外に要注意項目です。


天国はどんなところ?

なお、ユダヤ教は、キリスト教・イスラム教の親戚というか、先輩にあたる一神教ですが、こちらは、創世記の「ちりから生まれた人間は、ちりにかえるのだ」的な記述を重視しているのか、死後の世界については基本的に語りません。

「死んだら終わり」的な発想に近いようです。(ユダヤ教は、死後の世界を語らないという意味では、儒教と似た宗教です。)

「死後については話題にしない」という設定にするのか、「天国では、いくら飲んでも気持ち悪くならないお酒が飲み放題」(ちなみにイスラム教の天国の描写)みたいな設定にするのか、それによって、葬式のやり方も変われば、「生きている時の、生活態度」も変わる可能性があります。

なので、「死後の世界」を考えてみることは意外と大事な話題だったりするのです。

クラス詳細

パート1は、 世界の五大宗教についての概要を学び、その後、ワークシートを使って自分の価値観を深く掘り下げる時間を持ちます。パート2は、日本人にとっての宗教というテーマで仏教・神道・キリスト教を考察した後、同様に内省の時間をゆっくり作ります。

他の世界を学ぶことで、自分の世界がより明確になります。パート1、パート2は、単発でも両方でもご参加いただけます。
クラス後は、希望者のみランチタイムをとります。

日程など

パート1 世界の五大宗教 11/27(日) 10時30分~12時10分頃
パート2 日本人と宗教 12/4(日) 10時30分~12時10分頃

※終了時間については、前後する可能性もあります

定員
各5名まで

参加費
各10,000円 (ワンドリンク込み)

別途、参考書代が2000円前後かかります(パート1→「図解 世界5大宗教全史」パート2→「日本人のための宗教原論」)

会場
参加者のみにご連絡します。都内ホテル(目黒・品川方面)のラウンジスペースとなります。(会場禁煙)

申し込み方法

パート1(11/27)はこちらをクリック

パート2(12/4)はこちらをクリック

※注意事項 決済完了後のキャンセルは承っておりません。あらかじめご了承ください。
(参加権利の譲渡、パート1の場合のパート2への振替は可能です)

———————————————————

<古事記講義の時の参加者の感想>

物語から学び・気付きを探すワークがとても面白かったです。 (平川浩之様 東京都 会社員)
普段使わない想像力を働かせることで直観力が増すように感じました。(YY様 埼玉県)
古事記の神話部分をとてもわかりやすくお話していただき現在の日常生活にも生かせるエッセンスがたくさんちりばめられていたと思います。(KH様 埼玉県 主婦)
日本の神話にふれたくて参加致しました。読みきかせいただいていることばの響きが美しく心地よかったです。アニメーションや物語りを読む目で文字や形をおうことより、頭の中で心で感じる経験はよいものですね。有難うございました(MH様 東京都 自営業)
以前仕事でコノハナサクヤヒメの物語を使った広告を作ったことがあり当時を思い出し「?」と思っていたコト(火の中で出産したこと)を理解できました。 (中畑慶子様 東京都 自営業)
神話の世界と思っていたのが皆様と話をしたり、自分のことを語っていたりするとぐっと現実の話となり面白かったです。(瑠璃花様 埼玉県)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※不定期開催です。次回以降の案内が必要な方はメールにてお知らせください