占い好き必見、先に日取りを決めてから吉日にする方法

0

子供が生まれた時なんかが良い例ですが、「吉日を選んで生まれてこい」と思ってもうまくいかないことが多々あると想います。そういう時は、決まってしまった日に、後から適当に理由をもってくるという裏技を使うことが大切です。

明代の官能小説「金瓶梅」を原作にした竹崎真実のマンガがあるのですが、この中で
「しきたりに従って全てを管理する、名家の残酷なババア」が登場します。

どれくらい酷いのかというと、

1.夫婦の和合(セックス)はしきたりで決めた日時に
2.出産もしきたりで決めた日時に
3.もし、しきたりで決めた日時に出産しなかったら、子供は処刑(子供を殺された母親の温は哀しみで自害)

という具合です。

このひどいババアは、ストーリーの最後で火あぶりの刑になりますが、「事前に決めた吉日にすべてあわせる」というのは、こういうひどいババアと同じ発想になるリスクがあります。


こういう場合、生まれた日が吉日である、と考える方が良いわけです。先に、日取りがあって、それから「星占いでも暦でも色々引いてきて、ラッキー要素をもってくればよい」のです。

例えば、星占いのたぐいは365日どの生まれの人も救われるように構成されています。占いはよくもわるくも統計以上にいい加減です。なので、満月だから大吉ということも、満月だから大凶ということもどちらもできます。

選びようがないものは後付けで大吉にすればいいのです。1年中だれかの誕生日でない日はなく、1年中だれかの命日でない日はありません。

Notice

最小の力で最大の成果を、和のセンスでインスピレーションを磨く無料メール講座はこちら

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。