5つの視点で考える花粉症対策

0

まず、外部・内部、の枠で考えます。次に、食事・運動、の枠で考えます。最後に、よく分からない物、含めて実験します。

思考の順番としては以上です。(なお、体験ベースの話なので、考え方としては万能ですが、具体的なレシピは人によって使えたり使えなかったりします。)

1.外部対策

これは身体の外側への対策です。

マスク・空気清浄機・めがねなどで、外からやってくる花粉を物理的にシャットアウトする方法です。

私自身は全部やりました。マスクはN95のものが快適でした。当たり前ですが、顔の形にフィットしたマスクなりめがねなりを使わないと意味がありません。外部対策の究極は、花粉の時期は日本から海外脱出するという方法です。(笑)

2.内部対策

こちらは、身体の内側への対策です。

食べ過ぎ注意・顎関節調整・運動不足注意・漢方薬・抗アレルギー薬・ノイロトロピン注射・鼻の粘膜をレーザーで焼く、心身のリラックス・ストレスを減らす・自己肯定感(セルフイメージをあげる)・呼吸トレーニングなどなど

私の場合は花粉にまず最初に効果的だったのは「食事量の削減」でした。
ひどい症状が出ていた時期に

「朝食を毎朝食べていたのを朝はフルーツのみにする→体調が回復。」
「もしやと思っていっそ断食→さらに体調が回復」

ということが起きたのです。なのて、基本的に花粉の時期は断食月にすれば症状が軽くなるということが分かりました。ただし完全な断食は無理なので、小食月にするという設定にしています。

レーザーで鼻の粘膜を焼くのは痛い割にはあまり効果がなかったですが、内科のノイロトロピン注射はお値段安い割には効果ありでした。ステロイド注射は「それを常用したらイザという時に困るんじゃないか?」と思ったので実験しませんでした。

あとは、「乳酸菌サプリ」での口内環境・腸内環境の整備をためしてみました。口内環境が気になる場合は、内科よりは歯医者さんに相談するのがよいでしょう。これはサプリなので人によって効果が出たり出なかったりかと想いますが、うちは効きました。

次に、食事・運動、に分けて対策をリストアップします。若干かぶりますが、あらためて発掘してみましょう。

3.食事

これは食事コントロールです。

いっそのこと断食モードにしてみる・一日一食にしてみる・一日二食にしてみるなどなど、
食事をとにかく減らしてみる。もしくは栄養価の高い美味しい食事をとるように心がけて、食事の満足度を上げてみる。発酵食品をとるようにして腸内環境のメンテナンスを試してみる。

私の場合は、実際やって効果が出たのは、食事量の削減ですが、これは炭水化物(パンやパスタやうどんやご飯)を主に減らしていくといい感じになりました。発酵食品による腸内環境のコントロールということで、自家製ヨーグルトの制作はやってみました。これは、けっこう美味しかったので楽しんで作れました。

食事回数は、一日三食がいいと主張する人、一日一食がよいと主張する人と、色々ですが、この辺は体質によりけりです。どこかの大学の先生の論文よりも、自分の身体という最高のセンサーを正しく使うことのほうが大切です。靴を買うなら、靴屋で自分の足で試し履きするのが一番確実なのと同じです。

肉食するかどうかとかも同じで、別に身体が喜んでいる感じならドンドン食べればいいと思います。逆に、やめてみたら体調よくなるならやめてしまえばよいと思います。自分の体調をきちんと観察して指標として使うのが基本です。他人にルールを決めてもらおうとすると、ドツボにはまります。

4.運動

これは運動量コントロールです。

運動量を増やす、もしくは減らす。これもたいていの人は運動不足ですので基本は増やした方がいいです。ただ、肉体労働系の仕事の人などはいかに体力の消耗を減らすかということを考えてもいいと思います。

私の場合は、体温を若干あげようと思って運動量を増やしました。といってもわざわざ走りに出かけるのも面倒だったので、呼吸法などの隙間時間でお手軽にできるものをやってる時間を増やしました。

最後に、よく分からない物を試す、というのもやってみるといいです。変化のヒントは常に自分の常識の外にあるからです。

5.非常識に聞こえることを試す

不思議なヒーリングとか怪しい整体とか変人な友達と遊ぶとかです。

私自身は、ヒーリングのたぐいで腕がある先生を見つけて実験してみました。効果がなかったものもあれば、以外と楽になったものもありました。鍼灸で改善する例もあるようです。

ある程度以上の先生ならどのジャンルの人であれ花粉対策に応用できるテクニックの一つや二つは持っていると思います。なので、気になる先生がいたら積極的に問い合わせしてみるといいと思います。

まとめると、外部対策と内部対策を行う。内部対策は食事と運動のコントロールを行う。常識に沿ってやることをやったら非常識系も試す。というのがまとめです。

Notice

最小の力で最大の成果を、和のセンスでインスピレーションを磨く無料メール講座はこちら

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。