どうしても眠たい時は、全力で眠ろう

0

どうしてもすごく眠たい時があれば、全力でゆっくり眠る時間を確保してください。

*睡眠時間を確保するために、仕事や家事をもっと効率化できないか考える
*自分のやっていることの中で、実は他人に任せられることはないか考える

*こまぎれ時間を使ってかるく仮眠をとる(横にならずに仮眠する)
*なるべく小食にして体を休ませる(特に寝る1時間前からはものを食べない)
*お風呂にゆっくり入るなど、身体をリラックスさせてから寝るようにする

*とにかく睡眠時間確保を最優先にして予定をたてる
*手帳に休養時間と書き込んで、夜の予定を入れないようにする


などなど、眠たい時は全力でぐっすり寝るための努力に全力をそそいでみるといいでしょう。

5分や10分の仮眠でも積み重なると大きいものです。

かのナポレオンは1日3時間睡眠でフランス皇帝という激務を乗り切ったそうです。逆に同じ歴史上の偉人でもアインシュタインは1日10時間以上寝るのが普通だったそうです。最適な睡眠時間は人によって違います。とても眠い時は、寝ることの優先順位を今より上にしてみてください。眠気というのは、身体にとって睡眠が必要だから生まれてくるのです。


食生活もそうですが、他人の意見というのは案外当てになりません。自分の身体の声を聞いて判断していく習慣が一番大切です。

Notice

最小の力で最大の成果を、和のセンスでインスピレーションを磨く無料メール講座はこちら

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。