旅行・出張の時に便利な電気製品いろいろ

0

無線ルーターのクレードルを持っていったら、とても便利だったので、まとめてみました。

SIMフリーの無線ルーター NEC Aterm MR04LN

クレードルとあわせて使うと移動先でかなり便利でした。SIMフリーの無線ルーターはこれがオススメです。(2016年7月現在)

2つSIMをさせる機種なので、ドコモ系のSIM(マイネオ)とAU系のSIM(UQモバイル)を両方さしています。SIMの切り替えに1分~2分程度かかる欠点はありますが、電波が入らない時にSIMを切り替えると、「あ、電波が入った」という風になることがあります。

UQモバイルの回線(AU系)は新幹線内でもスムーズに使えました。国内ユースメインなので、UQモバイル(AU系回線)とマイネオ(ドコモ系回線)をさしていますが、ちょこちょこ海外に行く人なら、国内用のSIMと海外用のSIMと両方さしておくのがいいかもしれません。

無線ルーターのクレードル

あると充電台として便利です。それだけでなく、自宅やホテルなどでクレードルに有線LANケーブルを接続すると、有線の回線を無線で使えるようになります。

最近はビジネスホテルもシティホテルも、たいてい無線LANのサービスがあります。ただ、スマホやタブレットに無線LANのパスワードを入れる作業は地味に面倒なものです。

クレードルに有線LANをつなげば、いつもの自分の無線ルーターを通してホテルの通信回線に接続することになるので、手間なくタブレットやノートPCをネットにつなぐことができます。

また、有線LANのサービスは無料で、無線LANのサービスが有料のホテルもたまにあります。そういう場合にも役に立つでしょう。

パワーポイントのミニリモコン

これもあると便利です。発表的なことをしない場合は不要ですが、マウスでやるよりも色んな意味で楽です。PCの前から動けますし、手も疲れません。(使わない時も荷物に入れる習慣にしておくと、必要な時に忘れなくていいかも)

写真のものは話題性があるデザインなので個人的にオススメです。他にもワイヤレスのリモコンは色々でています。

ミニ一眼カメラ+wifiつきSDカード

eyefiiという通信機能つきのSDカード(数千円)を使うと、カメラで撮った写真をその場でタブレットやスマホに転送できるようになります。タブレットユーザーで写真を撮る人にはおすすめのアイテムです。

最新のカメラは、普通のSDカードを使っても同じことができる機種も増えていますが、このカードを使うと古い機種でも同じことができます。(自分の機種が対応しているかは、eyefiのメーカーページで型番をご確認ください)

USBケーブルがさせるコンセントタップ

新しいビジネスホテルの中には1部屋に12個のコンセントがあったりする、気の利いた部屋を作っているホテルもあります

とはいえ、古いホテルだとそこまでゴージャスに電源回りに配慮してくれていないことも多いので、持ち歩くグッズが多い人は電源タップもあると安心感があると思います。(もしくは、宿泊先に事前につかえるコンセントの数を確認するかです)

KINDLE PAPERWHITE

本を読む人は、移動中はこれにしぼってしまうと荷物が軽くなっていいと思います。昔は、トランクに数冊本を入れていましたが、これにしてから楽になりました。

なお、kindle(読書用)の選び方ですが、解像度300ppi以上の機種ならどれも極端な差はないと思います。移動先でオススメされた本をすぐチェックできるのも利点です。(kindle本として売っている本の場合)

余談ですが、自炊したPDFを入れることもできます。

ドライヤー

ロングヘアな人、くせ毛の人、髪がツヤツヤの人、は重くても普段使ってるドライヤーをトランクにいれておくといいかもしれません。高級ホテルでもビジネスホテルでも、高性能な機種が置いてあることは少ないです。

おまけ

紅茶好きな人の場合は、ティーパックも持っていると便利です。国内の場合、コーヒーや日本茶のパックはサービスで置いてあることが多いですが、紅茶は宿泊先によってはないこともあるので、紅茶党の人は持ち歩いておくと楽しみが増えると思います。

コーヒーでも紅茶でも「いつもの味」を楽しめるものを1つ持っておくと、気分的に楽ができるというメリットも期待できます。上の画像のロンネフェルトのティーパックは、1個でカップ一杯分というよりポット一杯分使えるという強みがあります。(リーフカップ  ロンネフェルト で検索すると販売店は色々出てきます)

Notice

最小の力で最大の成果を、和のセンスでインスピレーションを磨く無料メール講座はこちら

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。