Eclipse first, the rest nowhere /  競馬由来の名言

0

競馬文脈からの言い回しで「イクリプス(固有名詞、馬の名前)が一着で他はどこにもいない」という意味です。ウマ娘というアニメで生徒会長室に掲げられているのを見て知りました。

これ、最初に競馬の文脈に由来すると知らずに読もうとしてしまい

「触(日食とか月食)が第一、休息せよ、今ここで」

と読んでしまって、「錬金術??意味不明??」だよねーって思ってしまいました。


誤読ポイントは、

1.競馬文脈(レースとかスポーツの文脈)の格言と思わずに読んでしまった

2.Eclipseは英語や仏語などで「触」の意味ですが、この場合は固有名詞で馬の名前だった

3.restは休息ではなく、残りのほうの意味だった

4.now-here ではなく no-where  だった(rest=休息と読んでしまったので、”Be here now”みたいなヨガや瞑想や仏教などの文脈の英語が連想されてしまった)

 

です。

 

Eclipseはよくネーミングされる言葉なので、ITな人だとJAVAの開発環境という話が先に出てくるかもしれませんね。「Eclipse(日食や月食)」ってネーミングとして少し楽しさがある言葉なので、馬主もプログラマーも使ってみたくなる人がいるのかもしれません。スマホや時計の名前であってもおかしくなさそうです。

日食月食は「一時的に姿を消す」という現象です。ここから、Eclipseという言葉には「点滅」「消えたり現れたり」みたいな意味もあるようです。馬のネーミングをした人はその辺をイメージして馬に「食(Eclipse)」とつけたのかもしれません。「消えたり、現れたり。自在に駆け抜ける。」みたいなところで。

馬のEcpliseは18世紀イギリスの馬ですが、「あまりにも早くて競争相手がいなくなった」というレベルだったとか。日食の日に生まれたのでEclipseと名付けられたそうです。

最初に解読する文脈を間違えるとそこから先が全部こけるので、人間の言語は難しいです。

 

Notice

日曜賢者会(オンライン読書会) 月1開催中

ついに登場!神仏習合オラクルカード 日本の神仏カード (amazonに飛びます)

神様で分かる自分の強み診断(無料。精神世界が好きな人向け。)

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。

Comments are closed.