型なしと型破りの違い、カタ化の重要性

0

武道や能楽など、中世から現代まで続いているものの性質の1つに、「型」という教育や伝承の仕組みを取り入れているという特徴があります。単に下手なのが型なし、型をふまえて乗り越えて新しい境地に達しているのが型破りです。

型なしと型破り

古い芸能での「型」というのは、名人やすごい人の動作をシンボル化・様式化・仕組み化したもの、ということができます。

例えば、六代目○○名人の型、三代目○○○兄弟の型、といった具合です。

芸能や舞台の話ですと

「六代目なんとかさんの作った演出、かっこいい!」
「よし、この演出を六代目型とよぶぞ」

みたいなノリから始まったのではと推測できます。

当然ですが、凡人が名人のマネをしたところで、同じものにはなりません。

ただ、「型」として残っているものはマネしようとしていくと「ある程度ちゃんとしたもの」になっていくという性質があります。優れた「型」は優れた「マニュアル(お手本)」としての役割を果たしていると言えます。

Notice

日曜賢者会(オンライン読書会) 月1開催中

ついに登場!神仏習合オラクルカード 日本の神仏カード (amazonに飛びます)

神様で分かる自分の強み診断(無料。精神世界が好きな人向け。)

Share.

About Author

サイトの運営方針は「自分とは何か」「日本文明とは何か」という二つの問いへのインスピレーションを刺激する話をすること。人生で大切にしたい事は「遊び・美しさ・使命・勝利・自由」。 なお、日本的精神文化のコアの一つは「最小の力で最大の成果」だと思う。例えば「枯山水(禅寺の石庭)の抽象的アート表現」などは、良い例。

Comments are closed.